金継ぎワークショップ

日曜日は

第二回 金継ぎワークショップでした


今回は8名の参加者さんが
思い入れのある器を持ってきてくださいました。
中には金継ぎしたかったけど、直したいものがないので割ってきましたって方も。


今回は土鍋を持ってきてる方が多かったです。
土鍋は本当は耐熱用に別に材料がいるらしいですが、フタだけだったりちょっとかけてるだけだったりなので、先生がなんとか対応してくださいました。
土鍋は時間を置いてからさらにコーティングした方がしっかりくっつくということなので、また秋頃に開催しましょう〜と次回も開催決定。

一応2時間の予定がかなりオーバーしたり
直せるかわからないけど…ってとりあえず持って来てもらったりしたものも
どんどん直させてくれる かなり太っ腹な先生です。

わたしも かなり大量の欠けたお皿を用意していて それはさすがに時間内にはできず
また次回持ち越しになりました。
先生も すっごいなー大量やなーなんでそんなに割れるん…と
びっくり(笑)



ワークショップでは時間に限りがあるため
割れたところは接着剤を使い、
欠けたところはパテで埋めます。
それをキレイに処理してから
本漆を塗って 金か銀を蒔きます。

最後に金を蒔いたら いっきにお皿が蘇る

あの感動が とても好きです。


ではまた次回 秋頃に^ ^
b0127925_07150879.jpg

b0127925_07150862.jpg

b0127925_07150811.jpg







[PR]
by cafe-ten | 2015-07-27 06:46 | イベント
<< かき氷はじまりました 台風による臨時休業 >>