キールタンサークル

2月25日
定休日の霑で キールタンをしてきました。

キールタンの説明は前回のブログをご覧くださいね。


なんせはじめて聞く名前
唄うって?唄うヨガ⁈
音痴なんですけど…
と、知らない世界への不安と
新しいことにチャレンジするわくわくと
いろんな気持ちで迎えた当日



はじめはやっぱり
思うように声もでず
まわりをうかがいながら、リズムが合わなかったらどうしよう…とか
音が外れたら恥ずかしいな…とか
完全に意識が自分に向いていました

だけど、そんなことはどーでもよくて

ただ、腹の底から声を出して
ただ、エネルギーをお腹の底から引き上げて、胸を開けばいい
そんな風に先生に言ってもらい

目を閉じて、リラックスして
声を出していきます
そうしていくうちに、自然と声も出るようになり、なんだか楽しくなってきます

インドのサンスクリット語は
神様の言葉らしく、意味がわからなくてもただ唱えるだけで浄化してくれるのだそう。

b0127925_07570937.jpg

ハルモニウムとゆう楽器を弾くあゆみ先生



最後に唄った時
わたしの隣のスタッフKちゃんは
涙が溢れて止まらなかったと
大粒の涙をポロポロと流していました。
ほんとに ピュアな子…

これこそまさに 浄化そのもの

ちょっとひねくれているわたしは
涙は出なかったけど

最後の歌では
一緒にいた5人の方達が
とっても近くに感じられて
その場のエネルギーがぎゅーっと凝縮されたような感覚…とゆうか
先生や参加した仲間のみんながぴたっとわたしの横にくっついているような感覚になりました。
とっても安心感があり
こころがふわっとあったかくなった


b0127925_07571036.jpg

最後は
先生の楽健寺酵母のパンと、マフィンとジンジャーティーをおやつにお話しして

第1回 キールタンサークルを終了しました。

あゆみ先生はとっても楽しくて
お話しの面白い方
時間がかなりオーバーしてたけど
まだまだ話したかった



また 機会があれば開催しますので

興味のある方はぜひ参加してみてくださいね。
[PR]
by cafe-ten | 2016-02-27 07:31
<< 営業時間変更のお知らせ 唄うヨガ >>